老眼サプリメント

MENU

老眼に良いサプリメント

老眼には、ルテインやアントシアニンなど、ベリー系に多く含まれる有効成分が効果的です。どれも食品からも得られるものですが、体内の吸収率や継続補給が可能か、といった点を考えるとサプリメントが手軽です。

 

当サイトは有効成分の体内への効率を重視したサプリメントを厳選して掲載しています。どうぞ参考にしてください。

 

  • 新聞、本の文字が見えにくくなった
  • 目を酷使する機会が多い
  • 目の使いすぎから首と肩のこりが酷い

 

など、こういった方に特におすすめです。

 

めなりの特徴

めなりは、目に良いルテイン・アントシアニン・βカロテンなどを有用成分を多数配合したアイケアサプリメントになります。衰えたピント調節力を回復するために、ルテインやアントシアニンが働きかけます。1日分にルテイン12mg・ビルベリーエキス(アントシアニン)170mgとたっぷり含有しています。目の疲れ、かすみなどの老眼症状が気になる方におすすめです。

価格 907円
評価 評価5
備考 ルテイン・アントシアニン・βカロテン・ゼアキサンチンほか

 

ファンケル えんきんの特徴

ファンケル えんきんは、手元のピント調節力に優れた老眼対策サプリメントです。ルテイン・アスタキサンチン・シアニジン-3-グルコシド・DHAといったピント調整機能や目の疲れからくる肩、首などの負担を減らします。えんきんは、臨床試験によりピント調節力の効果が実証されており、機能性表示食品として認められています。今なら当サイトからお試しパック1000円が購入できます。

価格 1000円
評価 評価4.5
備考 機能性表示食品

 

一望百景の特徴

一望百景は、老眼対策におすすめのルテイン高含有サプリメントになります。老眼症状に働くルテインを1日分に20mg配合しており、目安量(10mg)の倍以上の量を誇ります。また、紅イモ由来のアントシアニン、もずく由来のフコイダンなども含まれ、体内への吸収と実感力にも長けています。1日あたり約64円から始められるサプリメント。

価格 1620円
評価 評価4
備考 ルテイン・アントシアニン・フコイダン

 

老眼予防のためにもサプリメントは飲むべき

 

老眼は、誰もが感じる老化現象の一つです。症状が現れるのは、40才代ごろが一般的で、実際に現れる時期には個人差があります。老眼の症状を感じられるようになったら、眼科を受診してほかに病気がないか調べもらいましょう。

 

老眼の症状だと思っていたら、白内障や緑内障の諸症状で合った、というケースもあります。そして、やはり老眼の症状だった場合は、眼科医に処方箋を作成してもらい、メガネ店で老眼鏡を用意しましょう。老眼とわかっていても、対処せずにいると老眼がどんどん進んでいきますし、ものが見にくくなるので眼精疲労から、肩こりや頭痛などの症状が表れるようになります。

 

老眼は、いずれ症状が現れるものですが、いつ症状が現れるかわからないものです。そして、ものが見にくくなってからケアをするのではなく、その前からケアを行っている方が、老眼の症状を遅らせることができます。

 

また、20代、30代でも目の疲れを感じるときは、ルテインやアントシアニンをサプリメントで補うと良いでしょう。この二つは、疲れ目を軽減し、視力を回復させる効果があるとされる成分です。食事から取り入れるのは難しいので、サプリメントを利用した方が効率的です。

 

近年は、パソコンやスマートフォンなどが普及し、誰もが使っており、1日に使っている時間が長くなっています。そのために、目を酷使している人が多くなっています。目を酷使していると、老眼が始まる時期が早くなる可能性が高くなるので、目を休める習慣とともに、サプリメントで目のケアを行うとよいでしょう。

 

20〜30代の若年層にも増えている老眼

 

老眼は中高年になると、誰でも自覚症状が現れ、避けられない目の障害のひとつですが、近年は、20才代から30才代でも老眼の自覚症状を訴えることが増えているようです。

 

老眼は、水晶体の弾力が失われて、毛様体筋の筋力が衰えて、ものを見たとき、眼底にピントが合わせられなくなって、近くの小さい文字などが見にくくなっている状態です。目の衰えは、20才ごろから徐々に始まっているようですが、通常、自覚症状が現れるのは40才ごろからで、20才や30才ごろではあまり感じられません。

 

しかし、仕事でパソコンを使うのが当たり前のようになり、プライベートではスマートフォンを使うことが増えています。あるアンケートで、女子高校生がスマートフォンを使っている時間は6〜7時間という回答もあるようです。そのほかにも、ポータブルゲーム機を長時間、使っているということもあり、若い年齢から目を酷使している状態であるといえます。

 

このようなことから、目の調節機能が衰え、スマートフォンなどを見た後に、遠くを見たときにすぐにピントが合わない、という症状を訴えるのは、中高年ばかりでなく、若年層にも見られるのです。

 

このことから、若年層には無関係のような老眼ですが、最近は若年層でも老眼になる可能性があります。20才や30才ごろの場合、ものが見にくくなっても、自分が老眼である、と自覚することが少ないので、症状がどんどん進んでしまうことが懸念されます。ものの見え方に変化があったときは、疲れ目だと、軽視せずに早めに眼科を受診して、目の状態を見てもらいましょう。

 

老眼の原因はなに?年齢だけ?

 

老眼になる原因というのは様々ですが、その中でも一番大きな原因となっているのが加齢に伴い水晶体の弾力性がなくなることで硬化してしまうことにあります。

 

さらに、水晶体の働きを補う毛様体筋の柔軟性もなくなることでピント調節力が下がることによって近いものが見えにくくなってしまいます。しかし疑問なのがどうして水晶体の弾力性がなくなっていくのかということでしょう。加齢も一つの理由ですが、それ以上に関係しているのがタンパク質が変性することで少しずつ硬化させていっています。ちなみに変性させているのは紫外線、ストレス、食べ物、煙草、大気汚染、放射線です。

 

 

これらによって活性酸素が発生しますが、それによって人体の細胞を酸化させることによって、色々な害悪を与えますが、その一つが水晶体の弾力をなくすというものです。

 

人というのは抗酸化作用といって活性酸素を除去することが出来ますが、加齢に伴いその効果もなくなっていきます。ですので老眼の進行を止めたいのであれば、抗酸化作用を高める必要がありますが、これは食べ物でも補えます。積極的に抗酸化作用のある食べ物を摂取するようにしましょう。

 

また、毛様体筋の柔軟性がなくなる原因というのは加齢に加え、パソコンやスマホを長時間みることで目を酷使させるということもあります。これをすることで目の血流が悪くなって毛様体筋が疲れて柔軟性が失われてしまいます。

 

ですので、パソコンやスマホを見る時間というのを極力短くするようにしてください。きちんと対策を行うことで老眼の進行は止めることが可能だということを覚えておきましょう。

 

老眼に効く漢方あるの?

 

老眼に早くなりたいという方はいないと思います。普段眼鏡をかけてない人は老眼鏡をかけることでもストレスが出てきてしまいますし、老眼の代表的な症状である近くが見えづらいことによって、生活の質も下がってしまいます。

 

誰しもがなり避けられないものですが、老眼が始まる時期というのは個人差がありますので、何かしらで少しでも老眼になるのを遅らせることが出来たら実践したいと思うでしょう。

 

その一つが漢方薬になりますが、基本的に漢方薬というのは加齢によって新陳代謝が衰えたり、身体のあらゆる機能低下することを改善するために利用されてきました。ですので、老眼にも漢方薬の効果が期待できると考えられています。

 

また、薬ではなく漢方によって体本来の機能を高めて体質改善して症状を和らげます。老化というのはあらゆる原因によって血液循環が低下して、水分代謝も低下するので不調が出てきますが、老眼も同じようなものですので、漢方を適切に摂取しながら血液循環や水分代謝を改善していけば老眼になるのを遅らせることが出来るでしょう。

 

では、どういった漢方が効果があるのかというと、眼精疲労、老眼予防を改善するために肝の血液の巡りをスムーズにして、腎の水分代謝を補うものがいいとされています。

 

オススメは八味地黄丸であり、これは疲労、冷えにも効果があるとされています。また杞菊地黄丸という漢方も視力低下、老眼予防、緑内障などに効果がありますので摂取してみてください。

 

老眼の回復方法や予防法を考える

 

40代や50代で老眼に悩んでいる方は多く、さらに老眼というものは避けられないものなのでもうどうしようもないと思っている方がいると思いますが、それは違います。老眼というのは回復も出来ますし予防も出来るということを知ってい舞うでしょうか。

 

色々な方法がありますが、ここでは自分で出来る老眼回復方法について説明します。例を挙げると老眼ストレッチ、老眼回復トレーニング、脳内視力を上げる、見る力を取り戻すといったような方法があります。それぞれ難しいことではありませんので、少しずつ取り組んでみてください。

 

また、老眼というのはそもそも老化によって起こる現象になりますので、老化防止をすることによって老眼もなりにくく、回復もさせやすくなります。では、老化防止をそもそもどうすればいいのかになりますが、これは基本的に日常生活を改善することで可能になります。食生活改善、ストレス解消や溜めすぎない、質の良い睡眠をする、運動をするといったものがあります。もちろん即効性はありませんので継続的に続けて老化を防ぐということが重要になります。

 

老眼になってしまった後のことですが、目薬や眼鏡、そしてコンタクトの選び方をしっかりと行うことで進行を止めることも出来ますし、さらに目にいいサプリメントなどの利用もオススメです。

 

老眼になった際にはまず症状を自分の中で理解して、その症状に合わせた改善方法や予防方法を試してみるというのが一番効果的ですので覚えておきましょう。

更新履歴